コロラド州南部の家の神社のように見える場所で、ラブハスウォンと呼ばれる精神的なグループのリーダーのミイラ化した体がクリスマスライトとキラキラで飾られた後、検察官は7人を起訴しました。

宣誓逮捕声明によると、彼女の信者によって「母なる神」として知られていたエイミー・カールソン(45)は、4月28日にモファットの小さな田舎町の家で死んでいるのが発見されました。 各被告は、死体の取り扱いまたは虐待、ならびに児童虐待に関連する告発に直面している。

検死官の事務所は、カールソンがいつどのように死んだかについても述べていません。

起訴されていないカールソンの支持者の一人は、彼らが滞在する場所が必要であり、デンバーへの旅行から家に帰ったときに彼が後ろの寝室で遺体を見つけたので、彼がグループを主催したと調査官に語った。 彼は警察に電話し、グループがカリフォルニアからカールソンの遺体を家に持ち帰ったと信じていると述べた。

宣誓供述書によると、「ミイラ化した遺体は、ある種の神社に設置されているように見えた」、「目の周りにはキラキラのような化粧があった」とのことです。 捜査官は物件のSUVを捜索し、後部座席は「ミイラ化した遺体を運ぶ誰かと互換性のある」位置にあったと述べた。

当時、13歳の少女と2歳の少年の2人の子供が家にいて、児童虐待の罪に問われたとされています。 遺体を報告した信者はまた、彼が息子と一緒に家を出るのを妨げられ、被告の一人に対する誤った刑務所の告発につながったと捜査官に語った。

宣誓供述書によると、保安官事務所は、ラブ・ハズ・ウォンが洗脳してお金を盗んでいるという全国の家族から「多くの苦情」を受けています。

カールソンの信者は、彼が天使とコミュニケーションを取り、彼らを大覚醒に導いたと信じている、とデンバーポスト紙は報じた。 2018年にコロラド州南部に設立されたこのグループは、「直感的なスピリチュアルアセンションセッション」を提供し、スピリチュアルヒーリング製品をオンラインで販売しています。